大阪大学RI総合センター同位体化学研究室

最近の発表論文

  • M. Seike, K. Nagata, H. Ikeda, A. Ito, E. Sakuda, N. Kitamura, A. Shinohara, T. Yoshimura
    Synthesis and Photoluminescence of Tetracyanidonitridorhenium(V) Complexes with Five-Membered N-Heteroaromatic Ligands and Photoluminescence-Intensity Change
    ACS Omega, 4, 25, 21251–21259, (2019)
    イミダゾールが結合した新しいニトリドレニウム(V)錯体を合成し、大きな発光強度変化を伴う変換反応が、固体をベースとした化学反応で起こることを明らかにしました。
    seikecoverart.PNG


  • T. Yoshimura, K. Nagata, A. Matsuda, T. Omote, Y. Kino, T. Takayama, T. Sekine, A. Shinohara
    Synthesis, structures, redox properties, and theoretical calculations of thiohalide capped octahedral hexanuclear technetium(III) clusters
    Dalton Trans., 48, 14085-14095 (2019)
    初めて架橋配位子に硫化物とハロゲン化物が混合した6つのテクネチウムからなるクラスター錯体を合成しました。テクネチウムクラスターのHOMO-LUMOエネルギーギャップが同形のレニウムクラスタに比べて小さいことを各種分光法およびDFT計算を用いて明らかにしました。
    TcS6Br6.PNG
    TcCl6S6.PNG


  • T. Yoshimura, K. Nagata, T. Shiroyama, Y. Kino, T. Takayama, T. Sekine, A. Shinohara
    A luminescent dicyanidonitridotechnetium(V) core with tridentate ligand coordination sites
    Dalton Transactions, 47, 16027-16030 (2018).
    3座配位子が配位できるサイトをもつ発光性のテクネチウム金属中心を初めて構築し、その発光挙動と励起状態の構造を分光法およびDFT計算により明らかにしました。


  • T. Yoshimura, M. Nakaguchi, K. Morimoto
    Synthesis, Structures, and Proton Self-Exchange Reaction of μ3-Oxido/Hydroxido Bridged Trinuclear Uranyl(VI) Complexes with Tridentate Schiff-Base Ligands
    Inorg. Chem., 56, 7, 4057-4064 (2017).
    有機溶媒に可溶なオキソおよびヒドロキソ架橋のウラン多核錯体を新たに合成し、NMRを用いて中心オキソ部位のプロトン付加/脱離反応の反応速度を導出しました。また、プロトン付加/脱離反応に伴うウラン錯体の構造変化について明らかにしました。
  • UO2_nakaguchi
    UO2_nakaguchi2

 

ページトップへ