研究プロジェクト

  1. トップページ
  2. 研究プロジェクト
  3. アルファ線核医学治療法開発プロジェクト
  4. 5. 研究業績

5. 研究業績

α線核医学治療法開発プロジェクト 研究業績リスト

Ⅰ 査読論文

Activities of the Consortium for Medicine, Chemistry, and Physics at Osaka University
Kazuya Kabayama, Kazuko Kaneda, Atsushi Shinohara, Yoshifumi Shirakami, Tadashi Watabe, Zijian Zhang, Atsushi Toyoshima, Takashi Yoshimura, Yoshiyuki Manabe, Atsushi Shimoyama, Koichi Fukase
J. Med. Imaging. Rad. Sci. 50 (2019) S112.
DOI: 10.1016/j.jmir.2019.11.126

Theranostics targeting fibroblast activation protein in the tumor stroma: 64Cu- and 225Ac-labelled FAPI-04 in pancreatic cancer xenograft mouse models
Tadashi Watabe, Yuwei Liu, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yoshifumi Shirakami, Thomas Lindner, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Kojiro Nagata, Eku Shimosegawa, Uwe Haberkorn, Clemens Kratochwil, Atsushi Shinohara, Frederik Giesel, Jun Hatazawa
J. Nucl. Med. (2019) First published October 4.
DOI: 10.2967/jnumed.119.233122

Dispersal rates of astatine-211 from aqueous solutions and chloroform
Atsushi Toyoshima, Kojiro Nagata, Kazuhiro Ooe, Zijian Zhang, Takumi Ikeda, Soichiro Ichimura, Honoka Obata, Takashi Yoshimura, Atsushi Shinohara
Radiat. Safety Management, 18 (2019), 16-22.
DOI: 10.12950/rsm.190423

Quantitative measurement of 219Rn radioactivity in exhaled breath from patients with bone metastasis of castration-resistant prostate cancer treated with 223RaCl2
Kazuhiro Ooe, Tadashi Watabe, Takashi Kamiya, Takashi Yoshimura, Makoto Hosono, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
EJNMMI Phys. 6 (2019), 13-1-11.
DOI: 10.1186/s40658-019-0249-8

Radiotheranostics coupled between an At-211-Labeled RGD peptide and the corresponding radioiodine-labeled RGD peptide
Kazuma Ogawa, Takuya Takeda, Kenji Mishiro, Atsushi Toyoshima, Kazuhiro Shiba, Takashi Yoshimura, Atsushi Shinohara, Seigo Kinuya, Akira Odani
ACS Omega, 43 (2019), 4584-4591.
DOI: 10.1021/acsomega.8b03679

Enhancement of astatine-211 uptake via the sodium iodide symporter by the addition of ascorbic acid in targeted alpha therapy of thyroid cancer
Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
J. Nucl. Med. 60 (2019), 1301-1307.
DOI: 10.2967/jnumed.118.222638

Species difference of astatine-211 uptakes in the whole body distribution: preclinical study using treated At-solution
Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Atsushi Toyoshima, Mitsuaki Tatsumi, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
J. Nucl. Med. 59 (2018), May 1, no. supplement 1, 1269.

Enhancement of At-211 uptake in the thyroid gland- SPECT study in rats
Yuwei Liu, Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yoshifumi Shirakami, Atsushi Toyoshima, Mitsuaki Tatsumi, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
J. Nucl. Med. 59 (2018), May 1, no. supplement 1, 1129.

Application of astatine-210: Evaluation of astatine distribution and effect of pre-injected iodide in whole body of normal rats
Hayato Ikeda, Yoshihiko Hayashi, Naruto Takahashi, Tadashi Watabe, Yasukazu Kanai, Atsushi Shinohara, Hiroki Kato, Hiroshi Watabe, Eku Shimosegawa, Jun Hatazawa
Appl. Radiat. Isotopes, 139 (2018), 251-255.
DOI: 10.1016/j.apradiso.2018.05.021

Ⅱ 国際会議等における発表

Targeted alpha therapy using astatine (211At) labelled phenylalanine: preclinical study in glioma xenograft mice
Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Tadashi Nakano, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa European Association Nuclear Medicine (EANM) congress 2019
Oct 12-16,2019, s287 (OP-760)
Barcelona, Spain

Theranostics targeting fibroblast activation protein in the tumor stroma: [64Cu] and [225Ac] labelled FAPI-04 in pancreatic cancer xenograft mice
Tadashi Watabe, Yoshifumi Shirakami, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Thomas Lindner, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Sadahiro Naka, Eku Shimosegawa, Uwe Haberkorn, Frederik Giesel, Jun Hatazawa
European Association Nuclear Medicine (EANM) congress 2019
Oct 12-16,2019, s168(OP-438)
Barcelona, Spain

Dissolution of dry distilled At-211 with non-toxic aqueous solutions
Kazuhiro Ooe, Tadashi Watabe, Yoshifumi Shirakami, Soichiro Ichimura, Honoka Obata, Takumi Ikeda, ZiJian Zhang, Kojiro Nagata, Atsushi Toyoshima, Takashi Yoshimura, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging (SNMMI) 2019 Annual Meeting
June 22-25, 2019
Anaheim, USA

Enhancement of astatine (211At) uptake via the sodium iodide symporter by the addition of ascorbic acid in targeted alpha therapy of thyroid cancer
Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging (SNMMI) 2019 Annual Meeting
June 22-25, 2019, 60:suppl abs355
Anaheim, USA

Increased Uptake of At-211 in Thyroid Gland by the preparation with ascorbic acid for targeted alpha therapy of thyroid cancer
Kazuhiro Ooe, Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
The 11th International Symposium on Targeted-Alpha-Therapy (TAT11)
Apr1-3,2019. J Med Imag Radiat Sci;2019 50: s8.
Ottawa, Canada

Targeted Alpha Therapy using Astatine (At-211) for the Clinical Application
Tadashi Watabe
The 29th Symposium on Role of Metals in Biological Reactions, Biology and Medicine (SRM2019)
June 1, 2019.
Osaka University, Toyonaka

Targeted Alpha Therapy using Astatine-211 for Thyroid Cancer.
Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
The 6th Rising Nuclear Medicine Professional Challenge (AOCNMB 2019)
May 9-12, 2019,
Shanghai, China

Targeted alpha therapy project using 211At in Osaka University
Koichi Fukase
Interdisciplinary approach of applying cutting-edge technologies at the frontier of cancer research
March 27, 2019
Osaka University Nakanoshima Center, Osaka, Japan

Targeted alpha therapy using astatine (At-211) for the clinical application
Tadashi Watabe
Interdisciplinary approach of applying cutting-edge technologies at the frontier of cancer research
March 27, 2019
Osaka University Nakanoshima Center, Osaka, Japan

Purification of Astatine (At) by Dry Distillation under Oxidative Conditions
Atushi Toyoshima, Zijian Zhang, Akimitsu Kanda, Takumi Ikeda, Soichiro Ichimura, Takashi Yoshimura, Atsushi Shinohara
Methods & Applications of Radioanalytical Chemistry (MARC XI)
April 8-13, 2018
Kailua-Kona, Hawaii, USA

Preparation of aqueous solution of 211At-sodium astatide (Na211At) in high radiochemical purity and its biological properties in rats
Yoshifumi Shirakami, Kazuko Kaneda-Nakashima, Tadashi Watabe, Yuwei Liu, Eku Shimosegawa, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
12th congress of the world federation of nuclear medicine and biology (WFNMB2018). 20-24 April, 2018
Melbourne, Australia

Enhancement of At-211 uptake in the thyroid gland: SPECT study in rats.
Yuwei Liu, Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yoshifumi Shirakami, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara,Jun Hatazawa
Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular imaging (SNMMI 2018). June 23 - 26, 2018
Philadelphia, PA

Preparation of novel anticancer drugs using At-211
Kazuya Kabayama
Naposaka 2nd workshop
June 25, 2018
Naples, Italy

Preparation of novel anticancer drugs using At-211
Kazuya Kabayama
The Fifth Asian Chemical Biology Conference (ACBC-5)
August 19-22, 2018
Xi'an, China

Anticancer drug development for targeted alpha therapy in Osaka University
Koichi Fukase
2018 GRC-Osaka University Bilateral Symposium
October 4, 2018
Toyonaka, Japan

Development and future perspective of the targeted alpha therapy in Japan
Tadashi Watabe
European Journal of Nuclear Medicine 2018; 45:s137.

Ⅲ 国内会議等における発表

難治性甲状腺がんに対する新規アルファ線治療薬アスタチン- 医師主導治験によるPOC取得に向けて -
渡部直史
ACT Japanフォーラム
2019年12月16日
大阪大学、吹田

大阪大学におけるアルファ線核医学治療薬開発の現状
渡部直史
第3回Qissシンポジウム
2019年12月7日
千里ライフサイエンスホール、大阪

短寿命アルファ核種等の安全規制のガイドライン
吉村崇
日本放射線安全管理学会第18回学術大会(第2回日本放射線安全管理学会・日本保健物理学会合同大会)
2019年12月4日〜7日

樹脂担持試薬による At-211 標識法開発
神田晃充、豊嶋厚史、市村総一朗、吉村崇、篠原厚
第3回放射性薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会
2019年11月30日、岡山大学マスカットキューブ、岡山

ラジウム標的薬剤開発を目指したアルカリ土類金属錯体の合成と安全性評価
永田光知郎、矢島辰雄、吉村崇
第3回放射性薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会
2019年11月30日、岡山大学マスカットキューブ、岡山

がん間質を標的とするα線治療薬255Ac-FAPI-04の研究
白神宜史、渡部直史、Yuwei Liu、兼田加珠子、永田光知郎、豊嶋厚史、下瀬川恵久,篠原厚,畑澤順、Frederik Giesel
第3回放射性薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会
2019年11月30日、岡山大学マスカットキューブ、岡山

短寿命アルファ線放出核種の合理的な安全規制のための研究
吉村崇
第59回日本核医学会学術総会
2019年11月1-3日
松山市総合コミュニティセンター、松山

Targeted alpha therapy of thyroid cancer: evaluation of [At-211]NaAt treatment in the xenograft model.
Watabe T, Kaneda K, Liu Y, Shirakami Y, Ooe K, Toyoshima A, Shimosegawa E, Fukuda M, Shinohara A, Hatazawa
第59回日本核医学会学術総会
2019年11月1-3日
松山市総合コミュニティセンター、松山

Theranostics targeting LAT1
渡部直史
第55回日本医学放射線学会 秋期大会(JRS2019秋期大会)
2019年10月19日
ウインク愛知、名古屋

Ra−223及びRn-219の飛散率の測定と短寿命アルファ線放出核種等の安全規制に関するガイドライン等作成
吉村崇
2019年度大洗アルファ合同研究会
2019年10月4日
東北大学、仙台

がん細胞型アミノ酸トランスポーターを標的とした短寿命アルファ線核医学治療薬の開発
兼田(中島)加珠子、真鍋良幸、下山敦史、樺山一哉、金井好克、豊嶋厚史、深瀬浩一、篠原厚
特別シンポジウム「第6回 がん研究における女性研究者」第78回日本癌学会学術総会
2019年9月26-28日
国立京都国際会館、京都

気相 At 化合物の吸着温度の精確測 定に向けた熱クロマトグラフ法の開発
市村聡一朗、尾幡穂乃香、中川創太、寺本高啓、大江一弘、永田光知郎、豊嶋厚史、吉村崇、篠原厚
日本放射化学会第63回討論会(2019)
2019年9月24-26日
いわき産業創造館

アスタチン-211標識金ナノ粒子の安定性評価
角永悠一郎、黄栩昊、張子見、兼田加珠子、大江一弘、寺本高啓、下山敦史、樺山一哉、豊嶋厚史、篠原厚、深瀬浩一
日本放射化学会第63回討論会(2019)
2019年9月24-26日
いわき産業創造館

水溶液中におけるボロノ基-アスタチン交換反応の特異性の解明
尾幡穂乃香、白神宜史、兼田加珠子、大江一弘、永田光知郎、寺本高啓、市村聡一朗、中川創太、吉村崇、豊嶋厚史、篠原厚
日本放射化学会第63回討論会(2019)
2019年9月24-26日
いわき産業創造館

塩化ラジウム-223水溶液から飛散する核種の同定及び定量
永田光知郎、白崎謙次、豊嶋厚史、大江一弘、山村朝雄、篠原厚、吉村崇
日本放射化学会第63回討論会(2019)
2019年9月24-26日
いわき産業創造館

水溶液中におけるアスタチンの溶存状態と大気への飛散
豊嶋厚史、池田卓海、永田光知郎、大江一弘、市村聡一朗、尾幡穂乃香、吉村崇、篠原厚
日本放射化学会第63回討論会(2019)
2019年9月24-26日

ラリアート型クラウンキレーターによる放射性アルカリ土類金属錯体の合成
永田光知郎、矢島辰雄、吉村崇
錯体化学会第69回討論会
2019年9月21-23日
名古屋大学

アルファ線核医学治療薬の国内開発における戦略と課題
白神宜史
PETサマーセミナー2019
2019年8月23-25日
コラッセ福島

Enhancement of astatine-211 uptake via the sodium iodide symporter by the addition of ascorbic acid in targeted alpha therapy of thyroid cancer
Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yuwei Liu, Yoshifumi Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
第14回日本分子イメージング学会総会・学術集会
2019年5月23-24日
北海道立道民活動センター かでる2.7、北海道

放射線の種類弁別可能なイメージング装置開発とα線分布計測への応用
山本誠一、渡部直史、兼田加珠子、白神宣史、大江一弘、篠原厚、豊嶋厚史、畑澤順
第14回日本分子イメージング学会総会・学術集会
2019年5月23-24日
北海道立道民活動センター かでる2.7、北海道

短寿命α線核種を利用した癌治療プローブの開発
兼田加珠子、張子見、白神宜史、渡部直史、下山敦史、真鍋良幸、樺山一哉、豊嶋厚史、吉村崇、福田光宏、金井好克、畑澤順、中野貴志、深瀬浩一、篠原厚
第92回日本薬理学会年会
2019年3月14-16日
大阪国際会議場、大阪

Enhancement of At-211 uptake in the thyroid gland: SPECT study in rats
Yuwei Liu, Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yoshifumi Shirakami, Atsushi Toyoshima, Mitsuaki Tatsumi, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
日本分子イメージング学会第13回学会総会・学術集会
2018年5月31日 - 6月1日
東京大学伊藤国際学術研究センター

難治性がん治療のための短寿命 RI 標識分子の 合成と利用
樺山 一哉、兼田 加珠子、張 子見、真鍋 良幸、下山 敦史、豊嶋 厚史、篠原 厚、深瀬 浩一
第12回バイオ関連化学シンポジウム(第33回生体機能関連化学シンポジウム、第21回バイオテクノロジー部会シンポジウム)
2018年9月9 - 11日
大阪大学吹田キャンパス

短寿命α線核種の合理的規制のためのデータ取得による安全性検証と安全管理・教育方法の開発
篠原 厚、吉村 崇、豊嶋 厚史、兼田 加珠子、張 子見、永田 光知郎、渡部 直史、大江 一弘、畑澤 順、山村 朝雄、白崎 謙次、菊永 英寿、羽場 宏光、鷲山 幸信
2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会
2018年9月18 - 20日
京都大学吉田キャンパス

アルファ線核医学治療に向けたアスタチン乾式分離法の条件検討
豊嶋 厚史,張 子見,神田 晃充,池田 卓海,市村 聡一朗,大江 一弘,永田 光知郎,吉村 崇,篠原 厚
2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会
2018年9月18 - 20日
京都大学吉田キャンパス

アルファ線核医学治療に向けたAt-211標識アミノ酸誘導体の検討
張 子見、兼田 加珠子、豊嶋 厚史、深瀬 浩一、篠原 厚
2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会
平成30年9月18 - 20日
京都大学吉田キャンパス

乾式分離法により得たAt-211 溶液中での化学種の時間変化
池田 卓海,豊嶋 厚史,神田 晃充,市村 聡一朗,張 子見,吉村 崇,永田 光知郎,大江 一弘,篠原 厚
2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会
2018年9月18 - 20日
京都大学吉田キャンパス

乾式分離過程で発生した気相中アスタチン化合物の熱クロマトグラフ測定
市村 聡一朗,豊嶋 厚史,張 子見,池田 卓海,篠原 厚,大江 一弘,永田 光知郎,吉村崇
2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会
2018年9月18 - 20日
京都大学吉田キャンパス

アミノ酸トランスポーターLAT1を標的とするα線がんミサイル療法の開発
兼田 加珠子、張 子見、真鍋 良幸、下山 敦史、樺山 一哉、白神 宜史、金井 好克、畑澤 順、深瀬 浩一、篠原 厚
第91回日本生化学会大会
2018年9月24 - 26日
国立京都国際会館

がん細胞型アミノ酸トランスポーターを標的とした新規核医学治療薬の開発
兼田(中島)加珠子、張 子見、真鍋 良幸、下山 敦史、樺山 一哉、金井 好克、深瀬 浩一、篠原 厚
第77回日本癌学会学術総会
2018年9月27 - 29日
大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪

Chemical properties of 211At-NaAt and its biological behaviors in small animals.
Yoshifumi Shirakami, Victor Romanov, Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda, Yuwai Liu, Atsushi Shinohara, Eku Shimosegawa, Jun Hatazawa
第58回 日本核医学会学術総会
2018年11月15 - 18日
沖縄コンベンションセンター

治療用アルファ線核種At-211の乾式分離後の溶出条件の検討
大江 一弘、渡部 直史、白神 宜史、市村 聡一朗、池田 卓海、張 子見、永田 光知郎、 豊嶋 厚史、吉村 崇、篠原 厚、畑澤 順
第58回 日本核医学会学術総会
2018年11月15 - 18日
沖縄コンベンションセンター

Enhancement of At-211 uptake in the thyroid gland: SPECT study in rats.
Yuwei Liu、Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yoshifumi Shirakami, Atsushi Toyoshima, Mitsuaki Tatsumi, Eku Shimosegawa, Mitsuhiro Fukuda, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa
第58回 日本核医学会学術総会
2018年11月15 - 18日
沖縄コンベンションセンター

動物実験における短寿命アルファ線核種の体内外の分布
兼田(中島) 加珠子、篠原 厚、吉村 崇、豊嶋 厚史、張 子見、永田 光知郎、渡部 直史、大江 一弘、山村 朝雄、白崎 謙次、菊永 英寿、羽場 宏光、鷲山 幸信
日本放射線安全管理学会 第17回学術大会
2018年12月5 - 7日
名古屋大学

短寿命アルファ線放出核種At-211の合理的規制に向けた飛散率測定
豊嶋 厚史、篠原 厚、吉村 崇、兼田(中島) 加珠子、張 子見、永田 光知郎、渡部 直史、大江 一弘、山村 朝雄、白崎 謙次、菊永 英寿、羽場 宏光、鷲山 幸信
日本放射線安全管理学会 第17回学術大会
2018年12月5 - 7日
名古屋大学

アスタチン(211At)の酸化還元反応とα線治療薬の創薬研究
白神 宜史、兼田 加珠子、渡部 直史、Victor Romanov、張 子見、大江 一弘、Yuwei Liu、下瀬川 恵久、篠原 厚、畑澤 順
第2回日本核医学会分科会放射薬品科学研究会
2018年9月8日
東京

Ⅳ 著書(和文総説)

【特集】Theranosticsによる個別化医療の未来
万能治療の可能性:LAT1 をターゲットとした theranostics
渡部 直史
臨床放射線 64:1521-1526, 2019

アスタチン(At)の核化学
豊嶋 厚史、篠原 厚
Radioisotopes, 67 (2018), 461-469.
DOI: 10.3769/radioisotopes.67.461

Ⅴ 受賞と知的財産

渡部直史
第6回日本核医学会リターニー奨励賞
2019年11月3日

渡部 直史
AOCNMB2019 "6th Rising Nuclear Medicine Professional Challenge" Gold award (1st prize)
受賞研究:Targeted Alpha Therapy using Astatine-211 for Thyroid Cancer
2019年5月10日

渡部直史
AOCNMB2019 "6th Rising Nuclear Medicine Professional Challenge" Gold award (1st prize)
Targeted Alpha Therapy using Astatine-211 for Thyroid Cancer
2019年5月10日

張 子見、兼田 加珠子、豊嶋 厚史、深瀬 浩一、篠原 厚
2018日本放射化学会年会・第 62回放射化学討論会 若手賞
アルファ線核医学治療に向けたAt-211標識アミノ酸誘導体の検討
2018年9月20日

兼田(中島) 加珠子、篠原 厚,吉村 崇、豊嶋 厚史、張 子見、永田 光知郎、渡部 直史、大江 一弘、山村 朝雄、白崎 謙次、菊永 英寿、羽場 宏光、鷲山 幸信
日本放射線安全管理学会第17回学術大会 優秀ポスター賞
動物実験における短寿命アルファ線核種の体内外の分布
2018年12月7日

■知的財産書き方
放射標識されたアリール化合物の製造方法
特願2017-151632、PCT/JP2018/030006(出願中)

アスタチンの製造方法
特願2017-235141

アスタチン溶液及びその製造方法
特願2017-255109

放射性核種製造システム、放射性核種製造プログラム、放射性核種製造方法、及び端末装置
特願2018-048562

211At標識アミノ酸誘導体を含む医薬組成物及びその製造方法
特願2018-048562

ホウ素クラスター脂質への放射性同位元素標識化法と標識化ホウ素クラスター脂質のウィルス粒子への導入法
特願2018-048565

Ⅵ その他研究業績、発表文献