ミッションと取り組み

放射性同位元素使用施設及び核燃料物質使用施設その他の放射線関連の事業所を総括するとともに、本学における放射線に係る安全管理、教育、研究、産学共創及び社会貢献を推進することを目的とします。

  • 全学横断的な放射線管理体制、全学連携の安全セキュリティー体制を構築します。
  • 放射線・原子力に関する教育資源の共有、全学的な教育プログラムや人材育成プログラムの提供を行います。
  • 部局横断的放射線関連教育研究プロジェクトを推進します。
  • アルファ線核医学療法を中心とした医療イノベーションを展開します。理学研究科、医学系研究科、核物理研究センター、およびラジオアイソトープ総合センターが中心となる概算要求「放射線科学基盤機構設置による放射線医療イノベーションの推進」を全学体制で推進します。
  • 放射線・原子力分野に於いて共同利用・共同研究、産学共創を推進します。国際機関や関係省庁との調整や連携、全国の放射線施設の連携拠点化の推進します。
  • 施設統合・機能集約:理学研究科の2事業とRIセンター(豊中)は平成30年4月1日に統合、医学系研究科の放射線関連施設とRIセンター(吹田)はH31年の統合を目指します。中長期的には、学内施設の統廃合を進め、最適な規模に機能集約します。

 

ページトップへ PageTop